QNAP(NAS)についていろいろ調べてみた |ポケットビジョン ブログ

QNAP(NAS)についていろいろ調べてみた


QNAPという、簡単に言うとファイル共有のためのハードディスクケースがあります。いわゆるNAS(LAN接続ハードディスク)のケースです。

QNAP(NAS)についていろいろ調べてみた

今回は、仕事で使うかもしれなかったので、検討するためにいろいろ調べてみました。(結果的には不採用でしたが。)

NASといえば日本では、バッファローのリンクステーションやテラステーションが有名です。
私もリンクステーションを仕事先で導入したことがあるのですが、壊れた時の融通の気かなさには辟易しました。(4年で2回壊れたので、壊れる頻度も高い?。)サポートもあんまり良くないんですよね。

本体が壊れたときに、フォーマットがext3やext4だと、Linuxがないとデータを取り出せない。それなら、そもそも壊れにくい製品が必要となってきます。

というわけで、他にも良い製品がないものかと物色していたわけですが、国産でバッファローよりメジャーなところはありません。そんなときに目についたのが台湾製のQNAPです。

QNAP Systems Inc.- NAS storage and Surveillance products provider

いろんな口コミを見たんですが、安定性と自由度が高いみたいです。(壊れにくい?)
RAID1で組むために2台入れられる製品とするとTurbo NAS TS-219PIIに行き着きました。個人で使う分にはRAID組まなくてもいいんですが、仕事となると安定性が求められますからね。

Turbo NAS TS-219PII
B005QT71WA

価格は、ハードディスクが別売りだと言うことを考えたら、3万円台後半の本体に、1テラ1万円x2台と考えても約6万円します。それに対して、バッファローは同容量で2万円台前半。ただ、2年に1回壊れる物に比べたら、それで安定性が買えるなら安い物だと考えました。(少なくとも仕事に関しては。)

QNAPの良いところは、カスタマイズ性に優れていること。そうはいってもプログラムがLinuxとか扱えなくてもちょっと機械好きにはさわれるレベル。そして、口コミですが安定していること。仕事レベルではバッファローでは不安です。

個人的にはバックアップ機能とスケジューリングの機能の充実に惹かれました。
細かいスケジュールを組めることや、いざというときにPCがなくても単体でUSB→NAS、NAS→USBでデータを出し入れできるのは大きいです。

機能について詳しく知りたい方はこちらのマニュアルをどうぞ(かなりボリューミーです)

また、こちらのページには、いろいろな使用用途が記載されています。

基本的な機能

・ファイルサーバー
・FTPサーバー
・Webサーバー
・MySQLサーバー
・プリンタサーバー

・DLNAサーバー
・iTunesサーバー
・iOS機器やAndroid機器へ音楽のストリーミング
・P2Pのクライアントになる

etc...

WebサーバーとMySQLサーバーがあると言うことは、QnapにWordpressをインストールすることもできます。おもしろい機能だと、Amazon S3にバックアップをとったりできるみたいです。

というわけで、かなり魅力を感じてきたQnapですが今回は導入は見送られました。しかしとても興味がでてきたのでいずれ機会があれば、触ってみたいと思います。現状Qnapが最強そうですので。

(関連記事)

PCと周辺機器 | ポケットビジョン ブログ

(関連リンク)

本当にお勧めな家庭用NASはQNAP - When it’s ready. (a2c.get.diary)

ASCII.jp:簡単構築サーバーにもなる多機能NAS QNAP TS-219P+|週刊 PC&周辺機器レビュー

(固定リンク)

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

最近の人気記事

順位 記事タイトル
1 Windows 7 64bit阪でPDFのサムネイルを表示する方法
2 WindoswとMac OSXでFLACファイルを再生する方法
3 とにかく重い!時に、Androidスマホの反応を軽くするアプリ9種12本
4 音質劣化がないFLACはMP3に置き換わるか?
5 MacのWord 2011(ワード2011)で(注1)のような脚注をつける方法

サイトマップ

ABOUT

渋谷ヒカリエでパソコン修理をしている会社のブログです。 株式会社ポケットビジョン