お先に!iPadのためにePubを作成する方法 |ポケットビジョン ブログ

お先に!iPadのためにePubを作成する方法


日本よりも一足早く、アメリカでiPadが発売されました。
iPadは内蔵のiBooksと言うソフトで、ePub(イーパブ)というオープンな電子書籍のファイル形式を読むことができる、つまり自分で作成した電子書籍ファイルを読み込めるとのことなので、書籍を裁断して、ScanSnapでスキャンした場合にePubを作成する方法を掲載します。おおざっぱに、ePub=書籍版のMP3(企業はDRMもかけれる)、ということですね。

※iBooksは日本版のiPadに展開されるかまだ未定とのこと。詳しくは以下の記事をご覧ください。

iPad日本版ページがオープン。3月から発売、iBooksの記述なし

それでは、始めます。

まずは、裁断、スキャンは前回の記事を参考に。ここまでで、一般的な書籍の場合数10メガバイト~100メガバイトほどののPDFファイルが作成されます。今回はクリスアンダーソンのフリーを試しにePub化してみます。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 (ハードカバー)
4140814047

スキャンして、PDFになりました。以下のスクリーンショットはScanSnap Organizerの管理画面です。

iPadのためにePubを作成する方法

このPDFをAdobe Acrobatにて、JPEG連番ファイルに書き出します。

書き出す方法は、Acrobatのメニューバーから

ファイル→書き出し→画像→JPEG

です。
書き出しする際には、サムネイルを表示して、Ctrl+Aですべてのページを選択しましょう。場合によっては余白のトリミング、白紙ページの削除を行います。

iPadのためにePubを作成する方法

上のようにJPEG連番ファイルに書き出されました。今回は366枚です。この時、新しいフォルダに本のタイトルをつけて、すべてのファイルを格納してあげましょう。

iPadのためにePubを作成する方法

次にChainLPというフリーソフトを使って、ePub形式のファイルを書き出します。

引用するとChainLPとはこのようなソフトです。

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルをソースとして入力することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこんで、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。


すばらしいですね。私は、Sony Reader用にこのソフトを使っています。
まずiPadの解像度を追加しましょう。

解像度→追加 を選択。iPadの解像度は768×1024ですので、そのように入力してあげます。
間違っても1024x768にしないように。ページが横向きに書き出されてしまいます。

iPadのためにePubを作成する方法

解像度の設定が終わったら、いよいよ本題のePub書き出しです。

まず先ほど作成した書籍のフォルダをメインウインドウにドラッグ&ドロップします。すると、前ページを読み込みプレビュー表示します。366ページの場合、読み込みには、Core2Duo(E6600)世代のパソコンで1分ほどかかりました。

iPadのためにePubを作成する方法

書き出しの設定は、出力のチェックボックスをePubに選択することくらいでしょうか。Sony ReaderやKindleの場合は電子ブックリーダ専用の白黒ディスプレイ16階調とかなので、コントラストを強くして、読みやすくするため本文ボールド化とガンマ補正の自動レベルにチェックを入れますが、iPadは階調表現の優れたカラー液晶なので何もしなくても良いような気がします。これらの補正は、文字やコミックの絵を濃くして見やすくしますが、階調がつぶれてしまうのでできることならしたくないものです。ここら辺は日本でも発売してみないことには分からないですね。

そして、最後に、出力ボタンを押し、保存先を選択して保存。2,3分で書き出されます。

iPadのためにePubを作成する方法

このファイルを、iTunesで開くと、ちゃんと追加されています。

iPadのためにePubを作成する方法

そして、左のメニューにブックも作成されてます。これは新鮮。

iPadのためにePubを作成する方法

なお、iTunesではePubの中身自体は閲覧できないようです。
ePubを開きたい場合は、AdobeのDigital EditionsかSonyのReader Libraryをインストールしましょう。

以上がiPad用のePubファイル作成方法です。

ちなみに、私は例のごとくSony Readerにインポート。

iPadのためにePubを作成する方法

眼が疲れないのが専用電子ブックリーダーの良いところ。お疲れ様でした。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
B001QXCZ12

2010/05/14追記

私の場合書籍はすべてPDFで取り込んでいるのですが、ScanSnapはJPEG形式でもスキャンできます。
ですので、はじめからJPEGでスキャンした場合は、付属のAcrobatでPDF→JPEG作業は必要無くなります。

書籍をPDFで管理したいか、JPEGで管理したいかは好みの分かれるところです。JPEGだとページ数分のファイルが生成されるのに対して、PDFだと1ファイルに収まるのでPDFの方が管理はしやすいです。ただ、PDFを編集できない環境のパソコンは結構多いと思うので、書籍の中の数ページだけ書き出しと言うときに若干困りそうな気がします。

フリーソフトだと、PDF-XChange Vieweというソフトで、PDF内の選択ページをJPEGなどの画像ファイルへ書き出しすることができるようです。

窓の杜 - PDF-XChange Viewer

(関連記事)

書籍の電子化に向けてScanSnap S1500とA4裁断機 PK-513Lを購入

すごい!電子化すごい!

Sony Reader Daily Editionのファーストインプレッション(ビデオあり)

電子ブックリーダー | EeePC カフェ

(関連リンク)

アップル - iPad - ウェブ、メール、写真を体験する、まったく新しい方法。

(固定リンク)

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

最近の人気記事

順位 記事タイトル
1 Windows 7 64bit阪でPDFのサムネイルを表示する方法
2 WindoswとMac OSXでFLACファイルを再生する方法
3 とにかく重い!時に、Androidスマホの反応を軽くするアプリ9種12本
4 音質劣化がないFLACはMP3に置き換わるか?
5 MacのWord 2011(ワード2011)で(注1)のような脚注をつける方法

サイトマップ

ABOUT

渋谷ヒカリエでパソコン修理をしている会社のブログです。 株式会社ポケットビジョン