2009年03月 |ポケットビジョン ブログ

iPhone用のSkypeがリリース!


ついにiPhone用のSkypeがリリースされました。通話はWiFi接続に限られるみたいですが、Engadjet日本語版によると3Gで通話できたとの報告もあり?

3G使わない設定にしているので、使えた!という方は是非ご一報を。

iPhone用のSkypeがリリース!
Skypeのアイコン
iPhone用のSkypeがリリース!
Skype起動画面

(関連リンク)
iPhoneに純正Skype登場

(permalink)

ネットブック用のスタートページサービスAxxiss(アクシス)


なにやらネットブック専用のサービスがリリースされています。

アプリケーションインストールなしで動くランチャーみたいな感じですが、1ユーザーにつき1ギガのオンラインストレージが使えるようになるみたいです。ちょっとしたDropboxみたいなものでしょうか?なぜオバマなのかも気になります。

ネットブック用のスタートページサービスAxxiss(アクシス)

(関連リンク)
ネットブックに特化したポータルサービス「Axxiss」開始

(permalink)

ASUSTeK(アスーステック)、Eee PC 1004DNを発表、DVDスーパーマルチドライブを搭載


台湾のASUSからDVDスーパーマルチドライブを搭載したEee PC 1004DNが発表されました。

主な基本仕様は、10型ワイド液晶、CPUに、最近MSIのU123/U100 Plusやデルのインスパイロン・ミニ10などに搭載され始めたIntel Atom N280、メモり最大2ギガ、最大120ギガのハードディスクとなっています。駆動時間は5.9時間、重量は1.45キログラムとのこと。

DVD搭載はネットブックをメインに使いたい人にとってはとても良いニュースですね。日本版が正式発表されたら改めて、仕様を表にしたいと思います。

ASUSTeK(アスーステック)、Eee PC 1004DNを発表、DVDスーパーマルチドライブを搭載

(関連リンク)
台湾ASUSTeK、DVDスーパーマルチ搭載のネットブック「Eee PC 1004DN」

(permalink)

デル、Inspiron Mini 10(インスパイロン・ミニ10)正式発表


アメリカで2月26日に発売されたデルのインスパイロン・ミニ10が、日本国内でも正式発表されました。4月上旬発売で価格は49,000円。オフィス搭載モデルは59,800円とのこと。

デルらしく、構成により、バッテリー駆動時間や重量が変わってきます。

デル、Inspiron Mini 10(インスパイロン・ミニ10)正式発表

製品名Inspiron Mini 10(インスパイロンミニ・10)
メーカーDell
液晶10.1型ワイド
解像度1,366×768または1,024×576
駆動時間約3.1時間(構成により異なるとのこと)
記憶容量160ギガまたは120ギガ
記憶媒体ハードディスク
重量最小重量 1170グラム
OSWindows XP Home Edition SP3
CPUIntel Atom Z520またはZ530
メモリ1ギガバイト
無線LANIEEE802.11b/g(802.11nも選択可)
LAN
幅×奥行き×高さ約261×182×25.3-18mm
ウェブカメラ
ブルートゥースx
発売日4月上旬
本体色オブシディアンブラック、パールホワイト、プリティピンク、チェリーレッド、アイスブルー、ジェイドグリーン
特徴HDMI出力ポート有り

(関連リンク)
デル、HDMI出力付きのAtom Z搭載ネットブック「Inspiron Mini 10」
(公式)
Inspiron Mini 10ミニノートパソコン(PC)|デル(Dell)

(permalink)

AUSTek(アスーステック)、9.3時間駆動のEee PC 1000HEを国内正式発表、4月4日発売、価格は47,800円


2月上旬に北米向けとして第一報が伝わったEee PC 1000HEが国内向けに正式発表されました。

Eee PC 1000HEの主な特徴は、10型ワイド液晶、160ギガのハードディスクを搭載しながら、9.3時間の駆動時間を確保していることです。 その他の主な仕様は、CPUにIntel Atom N270、1ギガのメモリ、 IEEE802.11n/g/n、Bluetooth 2.1に対応、となっております。

また、Offce Personal 2007をインストールしたEee PC 1000HE with Officeも発売されるとのことです。こちらは57,800円とのこと。

詳しいスペックは以下の表に。

AUSTek(アスーステック)、9.3時間駆動のEee PC 1000HEを国内正式発表、4月4日発売、価格は47,800円


製品名Eee PC 1000HE
メーカーASUSTeK(アスーステック)
液晶10型ワイド
解像度1,024×600
駆動時間約9.3時間
記憶容量160ギガ
記憶媒体ハードディスク
重量約1,450グラム
OSWindows XP Home Edition SP3
CPUIntel Atom N270
メモリ1ギガバイト
無線LANIEEE802.11b/g/n
LAN
幅×奥行き×高さ約266×192.1×28.5mm
ウェブカメラ
ブルートゥース
発売日2009年4月4日
本体色パールホワイト、ファインエボニー、シルバー

(関連記事)
ASUSTeK、新型CPU搭載で9.5時間動作のEee PC 1000HE発表、北米版は399ドル
(関連リンク)
ASUSTeK、9.3時間駆動の10型ネットブック「Eee PC 1000HE」
(ニュースリリース)
Eee PC 1000HE | Easy to Learn, Work and Play


(permalink)

MSIからAtom N280搭載のネットブック2機種、U123とU100 Plus


MSIから、Wind Netbookの新機種が2機種同時に発表されました。どちらの機種も、CPUにIntel Atom N280を搭載しています。今まで発売されたAtom Nシリーズ搭載機種はすべてN270だったので新たな流れです。

2機種の主な違いは、U123は6セルバッテリ、U100 Plusは3セルバッテリを搭載していることです。発売日はU123、U100 Plusともに4月11日で、価格はU123が49,800円、U100 Plusが42,800円となっております。

MSIからAtom N280搭載のネットブック2機種、U123とU100 Plus
MSIからAtom N280搭載のネットブック2機種、U123とU100 Plus


製品名Wind Netbook U123Wind Netbook U100 Plus
メーカーMSI(エムエスアイ)MSI(エムエスアイ)
液晶10型ワイド10型ワイド
解像度1,000×6001,000×600
駆動時間未定(6セル)未定(3セル)
記憶容量160ギガ160ギガ
記憶媒体ハードディスクハードディスク
重量約1,300グラム以下約1,160グラム
OSWindows XP Home Edition SP3Windows XP Home Edition SP3
CPUIntel Atom N280Intel Atom N280
メモリ1ギガバイト1ギガバイト
無線LANIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
LAN
幅×奥行き×高さ約260×180×19.75~40.0mm約260×180×19.0~31.5mm
ウェブカメラ
ブルートゥース
発売日2009年4月11日2009年4月11日
本体色パールホワイト、ブリリアントレッド、ダズリングブルー、ドルフィングレイパールホワイト、アーバンブラック、パッションレッド


(関連リンク)
MSI、Atom N280搭載の新ネットブック「U123」
(製品サイト)
U123 - エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
U100 Plus - エムエスアイコンピュータージャパン株式会社

(permalink)

デルの薄型ノート、adamoの受注が開始、205,000円から


デルの薄型ノート、adamoの受注が開始しました。CPUにCore2Duoを搭載し、記憶媒体は128ギガのSSDと、ネットブックとは一線を画した、かなり高スペックなノートパソコンとなってますね。

デルの薄型ノート、adamoの受注が開始、205,000円から

(関連リンク)
Adamo ノートパソコン

(permalink)

トライジェム、10.2型ワイドで5時間駆動のネットブックAVERATEC AVN0270NBを発売


トライジェムは、10.2型ワイドの液晶を搭載しながらも、駆動時間を従来の2.5時間から2倍の5時間に高めた、AVERATEC AVN0270NBを発表しました。従来のAVERATEC AVN0270Nのバッテリー大容量モデルとのこと。3月26日より発売、価格は44,800円とのことです。

トライジェム、10.2型ワイドで5時間駆動のネットブックAVERATEC AVN0270NBを発売


製品名AVERATEC AVN0270NB
メーカートライジェム
液晶10.2型ワイド
解像度1,024×600
駆動時間約5時間
記憶容量160ギガ
記憶媒体ハードディスク
重量約1,280グラム
OSWindows XP Home Edition SP3
CPUIntel Atom N270
メモリ1ギガバイト
無線LANIEEE802.11b/g
LANx
幅×奥行き×高さ約260×180×45mm
ウェブカメラ
ブルートゥースx
発売日2009年3月16日
本体色ブラック(正式名ではない)

(関連リンク)
トライジェム、5時間駆動/44,800円の10.2型ネットブック

工人舎、7色のバリエーションが用意されたネットブックML6シリーズを発表


工人社は、7色のバリエーションから選べるネットブック、ML6シリーズを発表しました。

主な特徴は、8.9型ワイド液晶、CPUにAtomプロセッサを搭載。記憶媒体は160ギガのハードディスクとなっております。また、ExpressCard/34を搭載しているのが他の機種にはあまりない特徴です。

価格は38,800円で、3月末よりイオンSC、ジャスコの主要店舗と、直販サイトにて発売されるとのことです。

工人舎、7色のバリエーションが用意されたネットブックML6シリーズを発表


製品名ML6シリーズ
メーカー工人社
液晶8.9型ワイド
解像度1,024×600
駆動時間約4.7時間
記憶容量160ギガ
記憶媒体ハードディスク
重量1,080グラム
OSWindows XP Home Edition SP3
CPUIntel Atom N270
メモリ1ギガバイト
無線LANIEEE802.11b/g
LAN
幅×奥行き×高さ約228×187×22.3~33mm
ウェブカメラx
ブルートゥースx
発売日2009年3月下旬より順次
本体色ホワイト、ブラック、シャンパンゴールド、ゴールド、ブルー、ピンク、ワインレッド
特徴ExpressCard/34スロット搭載

(関連リンク)
工人舎、39,800円の8.9型Atom N搭載ネットブック

IE8をインストールしてみました


Eee PC 901-XにIE8をインストールしてみました。

ちょっと使ってみた感想ですが、スピードすごく速いです。今までが遅かったというのはありますが、Firefox3やChromeを始めて使ったときのような感動を得ることはできると思います。グーグルマップなどはサクサク開けます。

IE8しか対応していないサイトも結構あるので、スピードが速くなるのは良いことですね。NHKオンデマンドを見るときに、ページを開くのが速くなって嬉しいです。

IE8をインストールしてみました

深夜にUQWiMAXのスピードテスト


深夜3時にふと測ってみたら、14.097Mbpsがでました。
なんだか前より速くなってる?

UQWiMAX、まさかの14Mbpsを叩き出す

何回か測りましたが安定的に10Mbpsくらいはでてます。
これはイーモバイルやめたくなるなぁ。

オンキヨー、10.1型ワイド液晶搭載、駆動時間5時間のネットブックSOTEC C103を3月19日に発売、価格は49,800円から


オンキヨーよりSOTEC C103 シリーズが発売されることが発表されました。こちらの機種は先日SOTECダイレクトから直販で発売されたSOTEC DC101Pの店頭販売モデルです。

仕様はSOTEC DC101Pとほぼ一緒で、CPUにIntel Atom N270、メモりに1ギガ、160ギガのハードディスク、10.1型ワイド液晶を搭載し、駆動時間は5時間となっております。

ただ、直販モデルではオプションでオフィス2007を選択することができましたが、こちらの機種では選択不可です。また、色が、直販モデルは、クリスタルホワイトとリッチブラックの2色なのに対し、こちらの店頭モデルは、プラチナシルバーとリッチブラックの2色になっています。

発売日は3月19日。価格は49,000円からとなっております。

オンキヨー、10.1型ワイド液晶搭載、駆動時間5時間のネットブックSOTEC C103を3月19日に発売、価格は49,800円から


製品名SOTEC C103シリーズ
メーカーオンキヨー
液晶10.1型ワイド
解像度1,024×600
駆動時間約5時間
記憶容量160ギガ
記憶媒体ハードディスク
重量約1,380グラム
OSWindows XP Home Edition SP3
CPUIntel Atom N270
メモリ1ギガ
無線LANIEEE802.11b/g/n
LAN
幅×奥行き×高さ約265×199×31bmm
ウェブカメラ
ブルートゥースx
発売日3月20日
本体色プラチナシルバー / リッチブラック
特徴IEEE802.11n ドラフト2.0に対応


(関連記事)
オンキヨー、10.1型ワイド液晶搭載、駆動時間5時間のSOTEC DC101Pを3月12日より出荷、価格は49,800円から、オフィス搭載モデルも
(ニュースリリース)
新製品情報 C103シリーズ|ソーテック

PCWatchに東芝NB100/HFのレビュー、XPのドライバは東芝ヨーロッパにあるみたい


PCWatchに東芝のNB100/HFについてのレビューが掲載されています。XP用のドライバが東芝ヨーロッパのサイトに置いてあるというのは、XPを独自にインストールしたい人にとっては、かなり使える情報ではないでしょうか。しかも、そのドライバは日本語もサポートしているみたいですよ。

<関連リンク>
Hothotレビュー(東芝「NB100/HF」追加レビュー ~Windows XP導入で、快適度が大幅アップ)

HP Mini 2140 Notebook PCにOffise搭載モデルが発売


HPはHP Mini 2140 Notebook PCにMicrosoft Office Personal 2007を追加した、HP Mini 2140 Notebook PC (Homeオフィスモデル)を本日発売しました。19日からは一部量販店でも発売されます。価格は79,800円となっております。

HP Mini 2140 Notebook PCは、インテルのAtomプロセッサ、10.1型ワイド液晶、OSにWindows XPを搭載したネットブックです。

HP Mini 2140 Notebook PCの詳しいスペックはこちら

HP Mini 2140 Notebook PCにOffise搭載モデルが発売

<関連リンク>
日本HP、「HP Mini 2140」のOffice搭載モデル

UQ WiMAX試用後1週間のレビュー@東京都渋谷区


UQ WiMAXを数日使った感想

UQ WMAXの端末が届いて約1週間が過ぎましたので使ってみた感想を書きます!当選してから届くのを待ち望んでいましたから、レビューにも力が入ります。

端末はシンセイコーポレーション製USBタイプのUD01SSです。

一応、私のネット環境は、家@フレッツ光 マンションタイプ、イーモバイル、UQ WiMAXです。関係ないですが、携帯はドコモのSH905iと、iPhoneです。通信費高い><

電波の入りの良さについて

自分の家では9Mbpsくらいと結構速いです。家以外で自分がパソコンを使う数か所かについては、結構まちまちです。全くつながらないところもあれば、1Mbpsから5Mbpsくらいまで。家がいちばん速かったのがホントに幸運でした。大満足。

UQ WiMAXファーストインプレッション!
家では安定的に9Mbpsくらいでます

電波の入りの評価   ★★★☆☆
スピードの評価     ★★★★★


端末について 

USBの端末のコネクタ部分に幅があるせいか、Eee PC 4G-XとEee PC 901-Xでは隣のUSBまで占拠してしまいます。これでは困るので、必然的にUSBが1つしかない左側に接続することになります(Eee PC 901-XとEee PC 4G-XのUSBは左に1つ、右に2つ)。小型化や内蔵化については今後に期待です。

UQ WiMAXを数日使った感想
Eee PC 901-Xに端末を刺した状態。隣のUSBは占拠される

あと、端末を抜いたり刺したりしていると、結構な確率で認識しなくなります。その場合はパソコンを再起動したら直ります。

端末の評価 ★★☆☆☆


ユーティリティについて

1つ気になった点は、WiMAX接続中という文言です。
上に接続完了と書いてあるので、完了したことは分かるのですが、接続中と書いてあると、まだつながってないような気がしてしまいます。今はもう慣れましたが、個人的には、この文言は特になくても良いのでは?と思いました。

UQ WiMAXを数日使った感想
ユーティリティソフトの接続完了後の画面

自動接続などは大変使いやすく、電波状況を確認できるアイコンもわかりやすいので総合的には良いユーティリティだと思います。

ユーティリティの評価  ★★★★☆


クルマでは

自動車でも使ってみました。ユーティティで電波状況が見れるのですが、まず、東京西部は調布や三鷹に入るとほぼ全滅です。圏外なので当然ですが。しかし23区内でも、全然つながらない場所が結構あるので、運転しながらだと、接続と切断の繰り返しで、実用的ではないようです。

ただ運転中でも、つながっているときは数Mbps出ていて速いです。可能性を感じます。2009年3月現在、クルマではイーモバイルの方が実用的です。今後に期待ですね。

クルマでの評価 ★☆☆☆☆


まとめ 

以上がUQ WiMAXを約1週間使ってみた感想です。
UQ WiMAXの魅力は、やはり速度。公衆無線LANを除くと現状は最速の接続サービスです。エリアや端末に多少の不便さがあったとしても、速度に対しての魅力はとても強いのです。

また、エリアは狭いですが、つながっているときの安定感はイーモバイルの比ではないです。たぶん、速度が速い分とぎれにくいのだと思います。

UQ WiMAXファーストインプレッション!
化粧箱も結構凝っている

そういうわけで、総合評価は、不満部分を多少差し引いたとしても★4つ与えたいと思います。現在は試験サービスが始まったばかりなので、これから、電波状況や通信速度がどのように改善されていくかがとても楽しみです。

総合評価 ★★★★☆

週刊アスキー・ブロガーレビュー・プログラム に当選


なんと・・・、人生において抽選の当選に無縁だった私が、UQ WiMAXのモニタに当選したことに続き、週刊アスキーのブロガーレビュー・プログラムなるものに当選しました!内容は、週刊アスキー別冊 『ビスタの超技100』を無料でいただく代わりに感想を書くというもの。

30名とのことだったので当たるとは思わなかったのですが、なんかうれしいですよ。

Windows Vistaの使用を早々にあきらめて未だにWinsows XPを使っている私が、なぜこの本の抽選に応募したかというと、Vistaとつくりが似ているWindows 7ベータ版を使う際に参考になるかなーと思ったからです。最近メインのデスクトップと2004年に買ったvaioのPCG Z1XE/B(ペンティアムM)にはWindows7を入れて常用しています。

実際、コントロールパネルなどはVistaと同じ部分が多いようで、XPからの移行組としては役に立ちます。私が読んで、全体的に役に立ったと思ったのは次の3点です。

・コントロールパネル周りの記事 (XPからは結構項目が増えていますよね)

・キーボードショートカット (いっぱいのってます)

・ネットワーク設定 (ここはXP以降がらっと変わったので知っておかないと難しいです!)


"コントロール+N"で新しいウインドウとか、今更ながらの発見もありました。そういうわけで、XPからWinsdows7に移行した人は、まだまだ書籍も少ないですので、とりあえずはVista用の本を参考にするのはありみたいです。

以下に目次だけ転載します。

週刊アスキー・ブロガーレビュー・プログラム に当選

目次

第1章 与えられた仕事はテキパキと
動作や操作を高速化

第2章 ビスタの機能を使って賢く作業

オプション設定と操作のコツ

第3章 HDDのかたづけで効率よく作業
ファイルの整理、削除

第4章 画面をカスタマイズして楽しく
壁紙やガジェットの変更

第5章 パソコンやデータの安全を守る
バックアップとセキュリティ

第6章 ほかのパソコンと仲良くする

ネットワークと共有

第7章 もっとマニアックに使い込む
レジストリ編集ほか

<関連リンク>
週刊アスキーWeb / 週アスブログ: 週アス増刊・別冊・書籍 ブロガーレビュー・プログラム

Windows7でUQ WiMAXのユーティリティをインストールする方法


コメント欄でご指摘をいただきましたが、Windows7でUQ WiMAXのユーティリティをインストールするにはsetup.exeを右クリックしてプロパティを開き、互換性のタブの互換モードをWindows Vistaに設定します。

するとインストール後に端末を認識するようになります。

Windows7でUQ WiMAXのユーティリティをインストールする方法

UQ WiMAX、Windows7では使えない?


デスクトップでも接続してみようかと思いドライバをインストールしたのですが、Windows7ではどうやら端末を認識してくれないみたいです。もうちょっといろいろやってみようと思いますが、windows7には対応していないのかもしれません。

UQ WiMAXスピードテストの結果は果たして?


Ascii.jpの記事を見ていたら、1Mから5Mくらい?だったのであまり期待をしていなかったのですが、測ってみたら驚きの結果が!!!!

UQ WiMAXファーストインプレッション!

9..368Mbpsでました!(@渋谷区)

10回くらいテストしましたが、これは最高値で、平均するとだいたい6~8Mくらいはでているみたいです。試しにYoutubeやニコニコ動画を再生してみたら、プログレスバーの進行がやたら早いw

自分の家でこれだけのスピードが出て、ひとまず嬉しいです!

UQ WiMAXファーストインプレッション!


UQ WiMAXのモニタ端末届きました!

とりあえず写真いろいろのせますね。端末はUSBタイプのUD01SSを選択しました。

UQ WiMAXファーストインプレッション!

UQ WiMAXファーストインプレッション!

UQ WiMAXファーストインプレッション!

UQ WiMAXファーストインプレッション!

UQ WiMAXファーストインプレッション!

UQ WiMAXファーストインプレッション!

続いては、接続結果を!

UQ WiMAXが今日届く!


今、メールボックスみてびっくりしました。なんとUQ WiMAXの端末の発送が完了したとのこと。佐川のサイトに問い合わせてみたら、配達に出発したと書かれていました!

そういうわけで、早ければ今日ファーストインプレッションの報告ができそうです!

UQ WiMAXが今日届く!

レノボ、8.9型ワイド液晶搭載のIdeaPad S9e(アイデアパッド)を発表、IdeaPad S10eと比較してみた


レノボからIdeaPad(アイデアパッド)の新製品が発表されました。IdeaPad S9eはIdeaPad S10eから液晶サイズを10.1型から8.9型に変更し、従来1ギガと1.5ギガから選択できたメモリサイズを、1ギガ1本に絞ったモデルです。そのため駆動時間が、約5.3時間から約6.2時間に増えました。

以下の表は、IdeaPad S10eとIdeaPad S9eの比較です。黄色い部分が変更された点です。発売は本日3月7日から。店頭予想価格は39,800円とのこと。

レノボ、8.9型ワイド液晶搭載のIdeaPad S9e(アイデアパッド)を発表、3月7日発売、価格は39,800円


製品名IdeaPad S10eIdeaPad S9e
メーカーlenovo(レノボ)lenovo(レノボ)
液晶10.1型ワイド8.9型ワイド
解像度1,024x5781,024×600
駆動時間約5.3時間約6.2時間
記憶容量160ギガ160ギガ
記憶媒体ハードディスクハードディスク
重量約1,380グラム約1,300グラム
OSWindows XP Home Edition SP3Windows XP Home Edition SP3
CPUIntel Atom N270Intel Atom N270
メモリ1ギガバイト / 1.5ギガバイト1ギガバイト
無線LANIEEE802.11b/gIEEE802.11b/g
LAN
幅×奥行き×高さ約250×196×22~36mm約250×196×22~36mm
ウェブカメラ
ブルートゥース
発売日2008年12月6日2009年3月7日
本体色白(12月6日) / ブルー、ピンク(2月14日)パールホワイト


<関連リンク>
レノボ、8.9型WSVGA液晶搭載のネットブック「IdeaPad S9e」

Eee PC 901-XにXPをクリーンインストールしようとしたら


Eee PC 901-Xの調子があまり良くなかったので、一度クリーンインストールしようと思ったのですが、付属のリカバリディスクが実家にあることが発覚。

ASUSのサイトに行ったら、Eee PC関係のドライバがいろいろあったので、これはいけると思い手元にあったWindows XPを入れてみたのですが、これが何とも困った結果になりました。

自前のXPを入れることを決断した理由は、Super Hybrid Engine(Eee PCの速度や駆動時間を切り替えられるソフト)を後からインストールできるということでした。しかし、このソフト自体はインストールしたのですが、どうも切り替え操作をするにはASUS Tray Utilityというソフトがないとだめみたいなのです。

Eee PC 901-XにXPをクリーンインストールしようとしたら・・・失敗
右下のタスクバーには何も表示されず・・・

ASUS Tray UtilityはASUSのサイトでは配布していないらしく、今のところ、CPUの速度切り替えや、Fn+Fキーを使う時に表示されるアイコン、キーボード上のEee PC独自のボタンが使えない状態です。

なぜかEee PC 901-X自体ももっさりと遅くなった気が・・・。やはり付属のリカバリディスクがないとどうしようもないですね。

追記
Super Hybrid EngineとFnキーのどちらも使えるようになりました。コメント欄でのJV44さんのご指摘通り、EeePC Tray UtilityはASUSのサイトからダウンロードしたユーティリティの中に含まれているようです。すべてのユーティリティをインストール後に、再起動しても表示されなかったので勘違いしてしまいました。ご迷惑おかけしました。

Super Hybrid EngineとFnキーのどちらも使えるようになりました
右下の"S"マークがSuper Hybrid Engineのアイコンです

Super Hybrid EngineとFnキーのどちらも使えるようになりました
Fnキーを使用時の画面中央のアイコンもバッチリ表示されました

結論を言いますと、リカバリディスクがなくても、Super Hybrid EngineとFnキーは使えるようになります。JV44様ありがとうございました!

車載IT機器が増える?インテルが車載向けAtomプロセッサを発表


正確には車載やメディアフォン向けとのことですが、車載とうたっていると言うことは、これからAtomベースのカーナビや、車載パソコンがどんどん発売されると言うことでしょうか?車載パソコンをするものとしては動向が気になります。
車載IT機器が増える?インテルが車載向けAtomプロセッサを発表
<関連リンク>
インテル、車載やメディアフォン向け新Atom Zプロセッサを発表、TSMCと提携

ドイツの見本市にてEee PC 1008HAが発表


ドイツのCeBIT2009という見本市でEee PC 1008HAが発表されたようです。この機種はEee PC S101をさらに薄型にした機種とのことです。横から見ただけだと、Mac Book Airのようにも見えますね。発売日は未定のようです。

Eee PCも機種が増えすぎて、把握するのが難しくなってきました。

<関連リンク>
ASUS、スタイリッシュな薄型 Eee PC 1008HA 「シェル」を発表

オンキヨー、10.1型ワイド液晶搭載、駆動時間5時間のSOTEC DC101Pを3月12日より出荷、価格は49,800円から、オフィス搭載モデルも


オンキヨーは3月3日より、直販サイトにてSOTEC DC101Pを受注開始しました。出荷は3月12日とのこと。

基本仕様は、CPUにIntel Atom N270、メモりに1ギガ、160ギガのハードディスク、10.1型ワイド液晶を搭載し、駆動時間は5時間となっております。また、おもな特徴は、オプションでマイクロソフトオフィス2007を付けることができることと、無線LANにIEEE802.11n ドラフト2.0を搭載していることです。

前機種のC102と比較して、駆動時間が2.5時間から5時間に大幅アップしたのに、重さは180グラムしか増えていません。また、日経産業新聞のミニノート特集で、オンキヨー製のネットブックはキーボードが打ちやすいとの定評があります。(今回の機種は17.5mmピッチ、2.0mmストロークでHP mini 1000などと同等)

色はクリスタルホワイトとリッチブラックの2色となっております。価格は49,800円ですが、オフィス搭載モデルだと、ソフトのグレードによって値段がプラスされます。

オンキヨー、10.1型ワイド液晶搭載、駆動時間5時間のSOTEC DC101Pを3月12日より出荷、価格は49,800円から、オフィス搭載モデルも

製品名SOTEC DC101WP/SOTEC DC101BP
メーカーオンキヨー
液晶10.1型ワイド
解像度1,024×600
駆動時間約5時間
記憶容量160ギガ
記憶媒体ハードディスク
重量約1,380グラム
OSWindows XP Home Edition SP3
CPUIntel Atom N270
メモリ1ギガ
無線LANIEEE802.11b/g/n
LAN
幅×奥行き×高さ約265×199×31bmm
ウェブカメラ
ブルートゥースx
発売日3月12日
本体色クリスタルホワイト / リッチブラック
特徴IEEE802.11n ドラフト2.0に対応


<関連リンク>
オンキヨー、5時間駆動のネットブック直販モデル「SOTEC DC101P」

ASCII.jp にASUSのN10Jcのレビューが掲載


ASCII.jp にASUSのN10Jcのレビューが掲載されています。N10Jc はEee PCではないノートパソコンで、基本性能と特徴は

・CPUにAtom N270
・メモリ1ギガ
・10.2型ワイド液晶(1,024x600)
・記憶容量は160ギガのハードディスク
・重量は1.55キログラム
・NVIDIA(エヌビディア) GeForce(ジーフォース) 9300M GS 256MBの搭載による動画再生、3Dグラフィックの強化、内蔵ビデオ機能と切り替え可能


となっております。また前機種のN10JはOSにWindows Vistaを搭載していましたが、N10JcはWindows XPを搭載することによって、処理速度を高めています。

レビューではHDMI端子を使って大型の液晶テレビにデスクトップを出力していたりして、迫力があります!

<関連記事>
ASUSTeK(アスーステック)、Eee PC(イーピーシー)ではないノートパソコンN10のWindowsXPモデルN10Jcを発表
<関連リンク>
GPUミニノートN10Jcで仕事は出来るか

UQ WiMAXのモニターに当選しました!


2月26日にUQコミュニケーションズによって提供が開始された、モバイルWiMAXサービス「UQ WiMAX」のモニターに当選しました。UQ WiMAXとは下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsのインターネット接続ができるサービスです。

UQ WiMAXのモニターに当選しました!

5,000人の募集に対して応募は20,000人とのことなので、4人に1人当選ということに。そんなに倍率は高くなかったかな?ただ、開始時のサービスエリアは都心エリアのみです。端末が郵送で送られてくるのが3月中に順次ということなので、まだ使うことはできていませんが、届き次第レビューをしたいと思います。

イーモバイルでも下り最大7.2Mbpsなので、わくわくです。イーモバイル解約できるほど実用的だったら、こちらをメインで使おうと思います。クルマで走行中のテストもしてみたいですね。

「UQ WiMAX」が開始。「真のモバイルブロードバンドを目指す」
| HOME |

最近の人気記事

順位 記事タイトル
1 Windows 7 64bit阪でPDFのサムネイルを表示する方法
2 WindoswとMac OSXでFLACファイルを再生する方法
3 とにかく重い!時に、Androidスマホの反応を軽くするアプリ9種12本
4 音質劣化がないFLACはMP3に置き換わるか?
5 MacのWord 2011(ワード2011)で(注1)のような脚注をつける方法

サイトマップ

ABOUT

渋谷ヒカリエでパソコン修理をしている会社のブログです。 株式会社ポケットビジョン