2008年12月 |ポケットビジョン ブログ

MSI(エムエスアイ)、最大12時間駆動のWind U115 Hybrid(ウインド U115 ハイブリッド)を発表


MSIからバッテリーの駆動時間が最大12時間というネットブックが発表されました。

MSI(エムエスアイ)Wind U115 Hybrid(ウインド U115 ハイブリッド)

製品名はWind U115 Hybrid(ウインド U115 ハイブリッド)。
名称内にハイブリッドという単語が入っているのは、記憶媒体にハードディスクとSSDの両方を採用しているからだと思われます。これらをどちらも採用することによって、大容量だけど消費電力が大きいハードディスクと、省電力であるけれど容量が小さいSSDの双方の利点を生かすことが可能となります。

たくさん記録できるけど消費電力が高いハードディスクと、保存容量は小さいけど省電力なSSDの関係は自動車で言うとガソリン車と電気自動車のようなもの。その2つの部品を採用しているわけだからハイブリッドというわけです。日本での発売は今のところ未定です。

製品名Wind U115 Hybrid
メーカーMSI
液晶10型ワイド
解像度1024x600
駆動時間最大12時間
記憶容量SSD(8G/16G)+HDD(120/160GB)
記憶媒体SSD+ハードディスク
重量1000グラム
OSWindows XP HomeまたはWindows Vista Home Basic
CPUIntel Atom Z530
メモリ1ギガ
無線LAN
IEEE802.11b/g/n
LAN
幅x高さx奥行き26.0x1.9~3.15x18.0 cm
ウェブカメラ
ブルートゥース○(オプション)
発売日未定


<関連リンク>
MSI -- MICRO-STAR INT'L CO., LTD.

センチュリー plus one 4.3インチUSB接続サブモニター LCD-4300Uの使い道


最近気になっている一品は、センチュリーから発売されている外付けのUSB液晶。

これは実は今までにありそうでなかった一品なのです。

センチュリー plus one 4.3インチUSB接続サブモニター LCD-4300U
センチュリー plus one 4.3インチUSB接続サブモニター LCD-4300U

主な特徴

・4.3型ながら、7型のEee PC(4G-Xや701SD-Xなど)と同じ800x480の解像度。
・USBバスパワーで電源が要らない。
・130グラムと軽量


USB接続の液晶ってたぶん見たことがないですし(液晶のケーブルをUSBに変換するものなら前からありました)、別途電源が必要でない液晶となればなおさらです。それでもって130グラムと軽量。こんな製品今まで聞いたことがありません。

そういうわけで、いろんなサイトで割と話題にはなっているのですが、よく言われているのが、何に使うの?という事。

いやいや、これはまさに車用でしょう!

Eee PCなどのネットブック本体は車内のどこかに隠しておいて、この液晶を吸盤でぺたっとエアコンの上らへんに貼っておけば、超小型車載パソコンの完成ではないですか。

というわけで、買おうと思うので、近日またレビューをしてみたいと思います。

お楽しみに!



<関連リンク>
plus one(LCD-4300U)|センチュリー(CENTURY)

ミニノート購入の要因は価格、軽さ、ブランド!、BRI ブランド研究所より


BRI ブランド研究所が、「ミニノートPCに関する調査」の一部を公開しています。
サブタイトルは、今年大ヒットしたミニノートPC、2009年さらなるヒットへの条件は “使いやすさ”となっており、所有しているミニノートPCを選んだ際に重視した点がランキングされていました。

株式会社ブランド総合研究所

所有しているミニノートPCを選んだ際に重視した点
1位・・・価格
2位・・・軽い
3位・・・メーカー/ブランド
4位・・・デザインがいい
5位・・・操作がしやすい(使いやすい)

やはり価格が1位。価格はネットブックやミニノートPCの最大のメリットですね。
今までミニノートは20万円以上する機種も多かったわけですから、3万円や5万円という価格は断然魅力的です。

2位の軽さも、持ち運びするノートパソコンとして重要な項目ですね。
1キロ前後の機種は持ち運びにあまり苦を感じません。

5位の操作がしやすい、という項目から思うのは、ネットブックやミニノートはキーボードに課題が多いかなぁということです。
小さくて、軽いほど持ち運びには良いのですが、そうすると大きくて打ちやすいキーボードの確保が難しくなります。
液晶サイズが7インチから始まり、8.9インチが現在のところ主流であるネットブック・ミニノートですが、操作性重視の方は10型くらいの製品を選んであげると、キーも広くて打ち安いので、そういった基準で選ぶという考え方もあります。

個人的には外で使用することが多いので、バッテリーの駆動時間も重視していますね。

BRI ブランド研究所では、ミニノートPCに対する考えのグラフも公開されていますので、気になる方は関連リンクからどうぞ。

<関連リンク>
BRI ブランド総合研究所 2008年12月25日 「ミニノートPCに関する調査」より エ今年大ヒットしたミニノートPC 2009年さらなるヒットへの条件は “使いやすさ”

ダイヤモンドオンラインに今後のミニノート市場に関する考察


ダイヤモンドオンラインに今後のミニノート市場に関する考察が掲載されています。
デルのインスパイロン・ミニ12の値下げの理由なども書かれています。

Eee PC 701SD-Xも実質23,000円くらいまで値下がりしていますし、海外勢が躍進する中、日本勢は苦しい状況みたいですね。
本格普及はまだまだこれからということで、来年もミニノート、ネットブック動向から目が離せません。

<関連リンク>
ミニPCは3万円台の攻防へ! 様子見続ける日本勢の“ジレンマ”|週刊ダイヤモンド ITBizNews|ダイヤモンド・オンライン

工人舎からワンセグとオフィス2007搭載のネットブック発表、価格は59,800円


工人舎からワンセグ対応で、マイクロソフトOffice Personal 2007搭載のネットブック「ML6KL12F」が発売されました。

8.9型液晶搭載で、記憶容量は120ギガのハードディスク、バッテリー駆動時間は4.7時間とバランスの良い構成になっております。

価格は直販で59,800円となっております。

工人舎からワンセグとオフィス2007搭載のネットブック発表、価格は59,800円

<関連リンク>
工人舎、8.9型液晶/ワンセグ搭載で59,800円のモバイルPC

Eee PC 701SD-Xの価格が実質23840円で送料無料


Eee PC 701SD-Xの価格が29,800円の20%(5,960ポイント)還元で実質23,480円となっております。
もう2万円パソコンですね。
Eee PC 701-SD

製品名Eee PC 701 SD-X
液晶7型ワイド
解像度800x480
駆動時間3.7時間
記憶容量8ギガ
記憶媒体SSD
重量910グラム
OSWindows XP Home
CPUCeleron M 353
メモリ512メガ
無線LAN
 IEEE802.11b/g/n
LAN
幅x高さx奥行き22.5x3.7x16.4 cm
ウェブカメラ
ブルートゥースx
発売日2008/09/20
本体色ブラック
 パールホワイト


<関連リンク>
Eee PC 701SD-X WHITE(EEEPC701SD-WHI007X)(パールホワイト) | sofmap.com

Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング~液晶サイズ編~


Eee PC 液晶サイズランキング

今回は液晶画面の大きさランキングです。

順位製品名液晶サイズ解像度
1Eee PC S10110.2型ワイド1,024x600
2Eee PC 1000H-X10型ワイド1,024x600
3Eee PC 901-X8.9型ワイド1,024x600
4Eee PC 901-16G8.9型ワイド1,024x600
5Eee PC 900-X8.9型ワイド1,024x600
6Eee PC 701 SD-X7型ワイド800x480
7Eee PC 4G-X7型ワイド800x480
8Eee PC 4G-XU7型ワイド800x480

ここには発売日は書いていませんが、あとから発売されるにつれて、画面がどんどん大きくなっていく傾向にあるようですね。

液晶サイズと言うのはよく液晶テレビを買う時に言っているインチのことです。Eee PCのラインナップは2008年12月現在、7インチワイドから10.2インチワイドまでです。

また、解像度というのは、その液晶にどれだけの情報量が表示できるかの表示です。よこxたて、に何粒のドットがあるのかということを800x480などの書き方で示しています。

携帯電話を買ったときに、前機種にくらべて画面サイズがそんなに大きくなっていないのに、メールの文字数がたくさん表示できるようになったり、サイトが広く表示できるようになったと感じたことはありませんか?

あれが解像度の違いです。

上の表の解像度の欄を見えもらえれば分かると思いますが、Eee PCの様に、同じ解像度で画面サイズが違う機種が多いものは、表示される情報量は同じなので、大きい画面サイズの液晶ほど、文字が大きく表示されるということになります。

そういう意味ではEee PC S101が画面サイズが大きく、解像度も一番広いので、大きい文字でたくさんの情報を表示できることでしょう。

説明が長くなりましたが、実際の使い勝手がどうかというと、私は一番最初に発売されたEee PC 4G-Xを使用しているのですが、7型ワイドで800x480というサイズは、正直画面が狭いです。

動画を見る分にはよいのですが、ウェブサイトを見るときや、地図を見るとき、表計算をするときにはかなり不便を感じます。

Yahoo
Eee PC 4G-X(7インチワイド、800x480)でYahoo!Japanのウェブサイトを開いたところ。やはりせまい。

最近はEee PC 900シリーズに始まる8.9インチが主流のようですが、私個人的にはこのくらいのサイズがあれば満足できるのではないかと思っています。

Eee PC 901-XとEee PC 4G-X
手前がEee PC 901-X(8.9インチワイド、1,024x600)、奥がEee PC 4G-X(7インチワイド、800x480)

モバイル性を求める機種があまり大きくなっても用途が変わってしまいますので、画面の大きさは S101の10.2インチくらいまでがちょうど良いかなと思っています。
ただ、欲を言えば解像度はもう少し欲しいところです。(1280x768くらいが希望です)

<関連記事>
Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング~バッテリー駆動時間編~
Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング~本体重量編~
Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング~記憶容量編~

Firefox3でいろいろなページを開いてみた
Eee PCでYoutubeとニコニコ動画をフルスクリーン再生
Eee PCでNHKオンデマンドを再生してみた

Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング~記憶容量編~


Eee PC 記憶容量ランキング

このランキングの結果は、記憶媒体がハードディスクかSSDかによって分かれました。

順位製品名記憶容量記憶媒体
1Eee PC 1000H-X160ギガハードディスク
2Eee PC 901-16G16ギガSSD
3Eee PC 900-X16ギガSSD
4Eee PC S10116ギガSSD
5Eee PC 901-X12ギガSSD
6Eee PC 701 SD-X8ギガSSD
7Eee PC 4G-X4ギガSSD
8Eee PC 4G-XU4ギガSSD

記憶媒体にハードディスクを搭載しているEee PC 1000H-Xがダントツの1位です。
容量が他の機種と10倍以上違うので、Eee PC 1000H-Xかそれ以外かの選択によって使い勝手が大きく変わってきそうです。

容量が大きい方がたくさんファイルを保存できるので一見便利ですが、ハードディスクとSSDにそれぞれ長所と短所があるので、注意が必要です。

ハードディスクというのは、皆さん一度は聞いたことあるかも知れませんが、パソコンにおいてデータを記憶する部分です。

ハードディスク
デスクトップパソコンに組み込まれているハードディスク Photo by ちょろりん

電気屋さんでパソコンの仕様を見たときに「320ギガ搭載」などと書いてあるのは、ハードディスクの記憶容量です。DVDレコーダーやブルーレイレコーダーにもなどにも入っているやつですね。

ハードディスクは中身がレコードみたいになっていて、そこにレコードの針みたいな物がかかっていてデータを読み出します。

現在はまだまだハードディスクが主流で、おそらく今みなさんの手元にあるパソコンはほぼ100パーセントハードディスクタイプでしょう。
これに対してSSDというのが最近流行りつつありまして、ネットブックを中心に採用されています。これは、ソリッドステートドライブの略です。
SSDは簡単に言うと、SDカードやメモリースティックみたいな物です。

ハードディスクはレコードみたいな仕組みなので、モーターが回っています。パソコンつけたときにキュイーンという音が鳴っていますよね。
SSDはデジカメなどで使うメモリーカードと同じような物なので、そのような音は鳴りません。

音に関してはわかりやすい違いですが、機能面でも大きな違いがあります。以下に、表にしてみました。色つきが優れている方です。(かなりおおざっぱですが。)


 ハードディスクSSD
記憶容量大きい小さい
騒音うるさい静か
衝撃弱い強い
消費電力多い少ない
性能普通速い
寿命いつ壊れるか分からない書き込み回数による

寿命はどちらもともかくとして(書き込み回数で寿命が分かるSSDのほうが良いような気もします)、この表からSSDは、音が静かで、衝撃に強く、諸費電力が少ないということが分かりますね。
ハードディスクと比較したSSDのメリット、デメリットを以下に書いてみました。

SSDのメリット

・ランダムアクセスという性能に優れていることからパソコンの起動が速い。
・低消費電力である。
・衝撃に強い。
・ハードディスクに比べて音が静か。

SSDのデメリット

・まだまだ価格が高い、(ただし、どんどん下がっています。)
・ハードディスクほど大容量な製品がまだ発売されていない。
・書き換え回数に寿命がある。(実はUSBメモリやSDカードも同じ問題を持っている)
・プチフリーズ、製品によってはウインドウズがたまに極端に重くなる、という問題がある

結論

このような違いがありますが、全般的に見て、SSDはノートパソコンなどのモバイル用途に向いていることが分かります。

なので、ノートパソコンを外にバンバン持って行きたい人はEee PC 901-16GやEee PC S101などのSSDタイプのネットブックを、家でじっくり使いたい人はハードディスクタイプのEee PC 1000H-Xを選択するのが現状ベストな選択ではないでしょうか。

外でコーヒーでも飲みながらノートパソコンを使うのも一興
外でコーヒーでも飲みながらノートパソコンを使うのも一興 Photo by ちょろりん

<関連記事>
Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング~バッテリー駆動時間編~
Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング~本体重量編~

Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング~本体重量編~


Eee PC 本体重量ランキング

Eee PC パールホワイト

Eee PCは、ほとんどの機種が1キロ前後です。
後から発売されるにつれて若干重くなる傾向にあるようですね。

しかし、この中で1機種だけダントツに重いのはEee PC 1000H-Xです。
ハードディスク搭載な上に、6.9時間の長時間駆動なので、さすがに重さは犠牲になっているようです。

またこの中で、体感的に1番軽いのはEee PC S101です。
画面が10.2インチであることから他より平べったいので、重さの割に軽く感じます。

順位製品名本体重量
1Eee PC 701 SD-X910グラム
2Eee PC 4G-XU910グラム
3Eee PC 4G-X920グラム
4Eee PC 900-X990グラム
5Eee PC S1011060グラム
6Eee PC 901-X1100グラム
7Eee PC 901-16G1100グラム
8Eee PC 1000H-X1450グラム

<関連リンク>
Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング~バッテリー駆動時間~

lenovo(レノボ)、IdeaPad(アイデアパッド) S10eの価格を発売から2週間で5,000円値下げし49,800円に


lenovo(レノボ)は12月6日に発売したIdeaPad(アイデアパッド) S10eの価格を発売から2週間で5,000円値下げし、49,800円で販売するとのことです。

10月には発売前の東芝のNB100が値下げされ、12月に入ってからはエイサーのアスパイア・ワンとインスパイロン・ミニ9の値下げもありましたし、値下げ合戦が加速してきているような気がします。

lenovo(レノボ)からIdeaPad(アイデアパッド) S10eが発表、160ギガのハードディスク搭載で5.3時間駆動

<関連リンク>
レノボ、ネットブック「IdeaPad S10e」を49,800円に値下げ
<関連記事>
lenovo(レノボ)からIdeaPad(アイデアパッド) S10eが発表、160ギガのハードディスク搭載で5.3時間駆動
Acer(エイサー)のAspire One(アスパイア・ワン)の価格を49,800円に値下げ、オフィス搭載モデルは59,800円、新色も追加
東芝から10月下旬発売のネットブック「NB100」が発売前に値下げ、NEC製ネットブックの影響か
デルのInspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 9の価格が値下げ
デル、Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12を最大35,000円の大幅値下げ、ネットブック並みの価格に

ASUSTeK、1500台限定でEee PC S101のスパークリングピンクモデルを12月21日に発売


Eee PC S101に1500台限定でスパークリングピンクモデルが発売されることになりました。
12月21日発売で価格は69,800円となっております。

また購入者の方には

”2008年12月21日(日)~2009年1月31日(土)の期間に、同モデルをご購入された方の中から、抽選で150名様にピンクの「特製キャリングケース」と、スワロフスキーの「デコレーションシール」のセットをプレゼントさせていただきます。”

とのことです。
キャンペーンのリンクを下に貼っておきます。

ASUS-EVENT.com :: パソコン・周辺機器 :: Eee Family :: Eee PC S101(スパークリングピンク) アクセサリープレゼントキャンペーン

ASUSTeK、1500台限定でEee PC S101のスパークリングピンクモデルを12月21日に発売


<関連リンク>
ASUSTeK、Eee PC S101に数量限定のピンクモデル
Eee PC | Easy to Learn, Work and Play(ニュースリリース)

Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング~バッテリー駆動時間編~


2008年1月25日にASUSTeK(アスーステック)Eee PC(イーピーシー) 4G-Xが日本で発売されそろそろ1年が経とうとしています。

気づけば2008年12月現在、日本国内だけでも8機種。

みなさん、機種が多すぎて、そろそろ把握するのが難しくなってきたのではないでしょうか。

そういうわけで今回から「Eee PC(イーピーシー) 全8機種比較ランキング」と題しまして、仕様から見られるEee PCのいろいろな点を順位付けしたいと思います。

購入の際の比較表としてお使いください。

Eee PC バッテリー駆動時間ランキング

Eee PC 901の右側面のアダプタ挿入時

8.3時間駆動のEee PC 901-Xが1位となりましたが、この中で注目はEee PC 1000H-Xです。
実は全8機種の中でこの機種だけは160ギガのハードディスクを搭載していて、記憶容量は他の機種の10倍以上なのです。

それなのに約7時間もの駆動時間を確保しているのは大健闘です。
一般的なネットブックはハードディスクと搭載しているタイプだと2時間半くらいのバッテリー駆動時間しかない機種も珍しくありません。

なのでEee PC 1000H-Xはバッテリー駆動時間と記憶容量に関して、非常にバランスの取れた機種と言えます。

順位製品名駆動時間
1Eee PC 901-X8.3時間
2Eee PC 901-16G8.1時間
3Eee PC 1000H-X6.9時間
4Eee PC S1016.0時間
5Eee PC 900-X4.3時間
6Eee PC 701 SD-X3.7時間
7Eee PC 4G-X3.2時間
8Eee PC 4G-XU3.0時間

富士通、ウルトラモバイルPC「LOOX U」を発表、XP搭載、長時間駆動で価格は10万円前後


富士通からウルトラモバイルPCである「LOOX U」が発表されました。

こちらの機種はネットブックとはちょっと違い、タッチパネル搭載や、重さが565グラム、FMトランスミッタ内蔵など独自の機能が満載となっております。

また、上位機種が11万円前後、下位機種が9万円前後という価格設定は前機種よりも安くなっているそうです。

ウインドウズXPやインテルAtomプロセッサ採用ということもあるのか、ネットブックと価格がだんだん近づいているのですね。

製品名FMV-BIBLO LOOX U/C40FMV-BIBLO LOOX U/C30
液晶5.6型タッチパネル式ワイド
解像度1,280x800
駆動時間約5.0時間約6.0時間
記憶容量約60GB
記憶媒体ハードディスク
重量約565グラム
OSWindows XP Home
CPUintel Atom N530intel Atom N520
メモリ1ギガ
無線LAN
 IEEE802.11a/b/g/nIEEE802.11b/g/n
LAN
幅x高さx奥行き17.1x13.5x2.65~3.3 cm
ウェブカメラx
ブルートゥースx
ウェブカメラ
発売日2008/12/26
そのほかFMトランスミッタ
 

なお、別売りの内蔵バッテリパック(L)を使用した場合上位モデルは10時間、下位モデルは11.3時間のバッテリー駆動時間となり、その場合の重量はどちらも670グラムとなっております。

富士通、ウルトラモバイルPC「LOOX U」を発表、XP搭載、長時間駆動で価格は10万円前後、

とにかく小さいですね!
なのに解像度が1,280x800と、広い表示領域を確保しているのがすごいです。

発売は12月26日となっております。

<関連リンク>
パソコン モバイルPC FMV-BIBLO LOOX(ルークス) Uシリーズ - FMWORLD.NET(個人) : 富士通
富士通、XP搭載で10万円を切る「LOOX U」

デル、Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12にXP搭載モデル追加


12,1型と画面が大きめのネットブックInspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12にWindows XP Home Editionモデルが追加されました。

従来はWindows Vista(ビスタ) Home Basicのみだったので嬉しい選択肢ですね。
ネットブックを快適に使うにはWindows VistaよりもWindows XPがおすすめです。

デル、Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12を発表


<関連リンク>
デル、「Inspiron Mini 12」にXP搭載モデル
<関連記事>
デル、Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12を最大35,000円の大幅値下げ、ネットブック並みの価格に | EeePC カフェ
デル、Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12を日本先行発売、価格は89,800円から | EeePC カフェ

Acer(エイサー)のAspire One(アスパイア・ワン)の発売日が12月下旬から前倒し


先日お伝えしたオフィス2007搭載モデルのAcer(エイサー)Aspire One(アスパイア・ワン)の発売日が本来の12月下旬から12月13日に前倒しされました。

理由は定かではありませんが、欲しい方はすぐに手に入れられますね。
1月下旬までの期間限定出荷とのことです。

Acer(エイサー)Aspire One(アスパイア・ワン)コーラル・ピンク


<関連リンク>
エイサー、Office搭載ネットブック「Aspire one」を前倒して12月13日より発売:ニュース - CNET Japan
<記事リンク>
Acer(エイサー)のAspire One(アスパイア・ワン)の価格を49,800円に値下げ、オフィス搭載モデルは59,800円、新色も追加 | EeePC カフェ

Gateway(ゲートウェイ)からもネットブックが発売、LT1001j


牛のマークでおなじみのGateway(ゲートウェイ)からもネットブックが発売されます。
機種名は「LT1001j」。

CPUにAtom N270、メモリ1ギガ、160ギガハードディスク、8.9型液晶など一般的なネットブックの仕様ですが、デザインがなかなかよさげですね。

12月中旬発売で、店頭予想価格は、4万円台とのこと。バッテリーの駆動時間は約3時間です。

Gateway(ゲートウェイ)からもネットブックが発売、LT1001j

Gateway(ゲートウェイ)からもネットブックが発売、LT1001j


<関連リンク>
Gateway、1.06kgのネットブック「LT1001j」

12月3日の日経流通新聞「2008年ヒット番付」に東の大関として「低価格小型パソコン」がランクイン


12月3日の日経流通新聞の1面に、「2008年ヒット番付」という特集があり、東の大関に「低価格小型パソコン」が選ばれました。

東西の横綱はそれぞれ、「ユニクロ・H&M」、「セブンプレミアム・トップバリュ」で、それに続く番付として、「Wii Fit」とともに大関を獲得しました。

「2008年ヒット番付」 東の大関 「低価格小型パソコン」寸表
(日経流通新聞1面より引用)
-----------------------------------------------------
台湾アスースの発売後、国内外のメーカーが5万円台の市場に相次ぎ参入。3万円台も登場した。
-----------------------------------------------------

今年はネットブックのが一気に広がった年でしたね。

先日の日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」の2位にもランクインしていたので、5万円や3万円の低価格パソコンは、流行りモノとして世間に認知されたようです。

東の関脇に「ブルーレイ」、西の前頭に「iPhone 3G」とこれら2つよりも上位というのがすごいです。

もっと安くて品質の良い機種が出回って、今までパソコンを手に入れられなかった人に(国内のみならず世界中において)ネットブックがどんどん広がっていくと良いですね。

EeePc カフェとしましては、特に10代の学生へパソコンが普及するように応援していきたいですね。
そうすると日本も携帯文化とともにパソコン文化も進化していくような気がしませんか?

今後ネットブックがどのように進化していくかに注目です。

12月3日の日経流通新聞「2008年ヒット番付」に東の大関として「低価格小型パソコン」が名を連ねる

<関連リンク>
流通新聞
<関連記事>
Eee PCが日経トレンディ「2008年ヒット商品ベスト30」にて2位にランクイン! | EeePC カフェ

Eee PC(イーピーシー) 1000H-Xと廉価版モデルであるEee PC 1000HAの違いを比較してみた、違いは3点で価格差は約2,000円


Eee PC(イーピーシー) 1000HAという機種がヤマダ電機から発売されていたので、Eee PC 1000H-Xとどこが違うのかを調べてみました。

ヤマダ電機オリジナルモデルであるEee PC 1000HAはいわゆる廉価版モデルで、Eee PC 1000H-Xに比べて無線関係などでいくつかの機能が削られています。

以下の3つが削られた機能です。

・ワイヤレスヘッドホンなどを使う際必要なBluetooth(ブルートゥース)
・一部の無線LAN規格(IEEE802.11n)。一般的な無線LAN(IEEE802.11b/g)は使えます。
・オフィスソフトであるStarSuite 8。


ブルートゥース機能はあとから買ってきてUSBに追加することも可能です。
無線LANは最新の規格にこだわらなければといった感じです。普段の生活でウェブサイトを見たりする分にはなくても問題ないと思います。

StarSuite 8はマイクロソフトオフィスを別途インストールする予定のある方は必要ないでしょう。(別売りだと高いですが・・・)。無料でダウンロードできるOpenOfficeを利用するという手もあります。



Eee PC 1000HAが、52,800円に10%のポイント(5,280ポイント)が付いて実質47,250円。

Eee PC 1000H-Xがヨドバシなどで54,800円に10%のポイント(5,280ポイント)が付いて実質49,320円なので、2,070円の価格差でどちらをとるかは上記の3つが必要かどうかだと思います。

Eee PC(イーピーシー) 1000H-Xの基本性能をお知りになりたい方はこちらのページをどうぞ

Eee PC(イーピーシー) 1000H-X

<関連リンク>
ノートPC ASUS EEEPC1000HABLK002:ヤマダ電機WEB.COM(ファインエボニー)
ノートPC ASUS EEEPC1000HAWHI002:ヤマダ電機WEB.COM(パールホワイト)
ASUSTeK EEEPC1000H-WHI078X [EeePC1000H-X(パールホワイト)]:ヨドバシ・ドット・コム
<関連記事>
ASUSTeK(アスース)、10型ワイド液晶、160ギガハードディスク搭載のEee PC(イーピーシー) 1000H-Xを10月25日に発売 | EeePC カフェ


Acer(エイサー)のAspire One(アスパイア・ワン)の価格を49,800円に値下げ、オフィス搭載モデルは59,800円、新色も追加


Acer(エイサー)はAspire One(アスパイア・ワン)の価格を5,000円値下げすることを発表しました。
店頭予想価格は49,800円です。

また、Office Personal 2007を追加したモデルが店頭予想価格59,800円で発売されます。
それにともない、本体カラーに、コーラル・ピンク、ゴールデン・ブラウンの2色が追加されました。

新色の発売日は12月10日、オフィス搭載モデルは12月下旬となっております。

Acer(エイサー)Aspire One(アスパイア・ワン)コーラル・ピンク
Acer(エイサー)Aspire One(アスパイア・ワン)コーラル・ピンク

Acer(エイサー)Aspire One(アスパイア・ワン)ゴールデン・ブラウン
Acer(エイサー)Aspire One(アスパイア・ワン)ゴールデン・ブラウン

<関連リンク>
日本エイサー、Aspire oneを5,000円値下げし新色追加

lenovo(レノボ)からIdeaPad(アイデアパッド) S10eが発表、160ギガのハードディスク搭載で5.3時間駆動


レノボから初のネットブックである「IdeaPad S10e」が発売されました。
主な仕様は以下の通りです。

・CPUにAtom N270
・メモリ1ギガ
・記憶容量には160ギガのハードディスク

・LEDバックライト付き10.1型ワイド液晶(1,024x576)、光沢あり
・Bluetooth、ExpressCard対応
・OSにはWindows XP Home搭載
・ノートンインターネットセキュリティ90日無償版付属

・バッテリー駆動時間5.3時間
・本体重量は1.38キログラム

ハードディスクタイプとしては、5.3時間はなかなかの長時間駆動です。
私の知る限りでこれよりも駆動時間が長いネットブックはEee PC 1000H-Xの6.9時間です。

色はクリーンな白、シックなブルー、鮮やかなピンクの3色とのことですが発売当初は白のみで、
ブルーとピンクは来春発売とのことです。

価格は54,800円で12月6日発売となっております。

lenovo(レノボ)からIdeaPad(アイデアパッド) S10eが発表、160ギガのハードディスク搭載で5.3時間駆動

<関連リンク>
Lenovo - レノボのネットブック、IdeaPad S10e 日本初登場!(ニュースリリース)
レノボ、54,800円のネットブック「IdeaPad S10e」
レノボ、ネットブック「IdeaPad S10e」発表会を開催

デル、Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12を最大35,000円の大幅値下げ、ネットブック並みの価格に


10月29日に発売されたデルのミニノート「Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12」を最大35,000円値下げしました。

基本性能は、Atom Zシリーズ搭載、12.1型の液晶、記憶領域には60ギガまたは80ギガのハードディスク採用となっております。

それぞれ以下の値段です。

プラチナパッケージ99,980円→64,980円
プレミアムパッケージ89,990円→59,980円


プラチナパッケージは35,000円、プレミアムパッケージは30,000円の値下げです。

デル、Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12を発表

<関連リンク>
デル Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ)
デル、12.1型液晶ノート「Inspiron Mini 12」を最大35,000円値下げ
<関連記事>
デル Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12のネット販売が始まる | EeePC カフェ
デル Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12のレビュー記事(ASCII.jp) | EeePC カフェ
デル、Inspiron Mini(インスパイロン・ミニ) 12を日本先行発売、価格は89,800円から | EeePC カフェ

Eee PCでNHKオンデマンドを再生してみた


2008年12月1日よりNHKオンデマンドというサービスが開始されました。
これはインターネットでNHKの見逃した番組や、昔の番組の映像が見れるサービスです。

当日のニュースを放送後1週間はいつでも見ることができると知り、これはなかなか便利だと思ったので、今回意を決して入会してみました。

NHKオンデマンド

Eee PCで再生できたら便利だなと期待しつつ、だめでもデスクトップパソコンで使えばいいやと思っていたのですが、ふたを開けてみてびっくり、Eee PC 4G-Xで超快適に再生できるじゃないですか。

Eee PC 4G-Xと言えば、初代Eee PCでネットブックの元祖とも言える機種。
この機種でも再生できると言うことは・・・、おそらくほとんどのネットブックで再生できるということなのでは?

初代Eee PC 4G-XでNHKオンデマンドを再生

再生画質は2通りあり、1.5メガ(1.5Mbps)と768キロ(768Kbps)で、1.5メガの方が高画質です。
この大きさの液晶ではどちらも地デジ並の画質です。

1.5メガではたまにもたつきますが、NHK杯フィギュアを再生しても視聴に支障がないほどです。
768キロであれば、もたつきもなく再生できました。

※ネット環境はフレッツ光で自宅の無線LANです。

Eee PC 4G-XでNHKオンデマンドを再生

ちなみに今回入会したコースは「見逃し 見放題パック」で価格は1,470円。

・見逃し番組が見放題!
・ニュース番組が見放題!
・毎月月額1,470円!


とのことですが、NHKオンデマンドがどのようなサービスを行っているのかをちょっと引用します。

1.見逃し番組

NHK総合、教育、BSハイビジョン、BS1、BS2の5波の番組から、1日10~15番組を放送の翌日から1週間程度配信します。

2.ニュース番組

「おはよう日本」「ひるのニュース」「BS列島ニュース」「ニュース7」「ニュースウオッチ9」を放送後数時間で配信を開始して1週間配信します。

3.特選ライブラリー

NHKアーカイブスに保存されている過去に放送された名作や人気番組などおよそ1,000本の番組を権利許諾期間に応じて配信します。詳しくはこちらをご覧ください。

このうち、「見逃し 見放題パック」に対応しているサービスは1の「見逃し番組」と2の「ニュース番組」で、3の「特選ライブラリー」は別途番組ごとに購入となっています。

このサービスは、私のようなニュースやドキュメンタリーを中心にテレビを見る人にはかなりおすすめのサービスだと思います。
時間を気にせず見れるというのが良いですね。

逆にアニメやバラエティを期待している人にとっては、ラインナップから見ても今のところあまり向かないかもしれません。

私にとってはYoutubeやニコニコ動画よりも使えるサービスかなと。
出先で重宝しそうです。

明日以降はイーモバイルでどの程度再生できるのか試してみたいと思います。
ニュース見るだけならテレビいらないかもなぁと思いました。

<関連リンク>
NHKオンデマンド

ASUSTeK(アスーステック)、Eee PC(イーピーシー)ではないノートパソコンN10のWindowsXPモデルN10Jcを発表


ASUSTeK(アスーステック)は、Eee PC(イーピーシー)ではないノートパソコンN10のWindowsXPモデルである「N10Jc」を発表しました。 

PCWatchによると「N10J」からの変更点は

・OSがWindows Vista Home PremiumからXP Home Edtiionへ
・メモリが2ギガから1ギガへ変更
・付属のバッテリは約7時間駆動可能な大容量バッテリのみとなった(従来は約3.4時間駆動の標準バッテリも付属)
・ソフトウェア一部変更

となっております。
どのソフトウェアが変更されたかはASUSのニュースリリースからは確認できませんでした。

基本性能は

・CPUにAtom N270
・メモリ1ギガ
・10.2型ワイド液晶(1,024x600)
・記憶容量は160ギガのハードディスク
・重量は1.55キログラム


主な特徴として、

・NVIDIA(エヌビディア) GeForce(ジーフォース) 9300M GS 256MBの搭載による動画再生、3Dグラフィックの強化、内蔵ビデオ機能と切り替え可能
・ExpressCard、HDMI端子などのインターフェイスの充実
・フルサイズのキーボード搭載

となっております。
12月6日発売で、店頭予想価格は74,800円となっております。

ASUSTeK(アスーステック)N10

<関連リンク>
ASUSTeK Computer Inc.(ニュースリリース)
ASUS、Atom搭載モバイルノート「N10」にWindows XPモデル

<関連記事>
ASUSTeK(アスーステック)、Eee PC(イーピーシー)ではないノートパソコンN10を発表 | EeePC カフェ
| HOME |

最近の人気記事

順位 記事タイトル
1 Windows 7 64bit阪でPDFのサムネイルを表示する方法
2 WindoswとMac OSXでFLACファイルを再生する方法
3 とにかく重い!時に、Androidスマホの反応を軽くするアプリ9種12本
4 音質劣化がないFLACはMP3に置き換わるか?
5 MacのWord 2011(ワード2011)で(注1)のような脚注をつける方法

サイトマップ

ABOUT

渋谷ヒカリエでパソコン修理をしている会社のブログです。 株式会社ポケットビジョン